平成19年度学校経営計画
1.経営理念
 第一小学校は、豊かな心と確かな学力を持った児童の成長を育み、地域・保護者から信頼される学校をめざす。
 そのためには、児童が学びあい主体的に活動し合う姿があり、教職員の授業改善と研鑽に励む姿があり、心が安定できる安全な教育環境がある学校づくりに努めていく。

2.教育目標
   心身ともに健康で、学意欲と認め合う心を持った、豊かな実践力のある児童を育成する。

3.中・長期経営目標  
  (1)学校の現状
  @児童の「学ぶ力」「確かな力」「望ましい行動力」に不十分さがあり、その課題の丁寧な分析と改善に向けた具体的な取組が求められる。研究を核にしながら、授業改善と工夫により課題の克服に努めたい。
  A課題のある児童への理解、また国際理解教育(センター校)の役割と推進が求められる。個々の児童に対する的確な支援教育に取り組むとともに、児童全体の共生の心を育むものにつなげていきたい。

  (2)児童に関する目標
     校訓「いちのこ」を基盤として、学習・諸活動に次の視点を持ち取り組む。
   @「学び」 すすんで学習する子 (意欲を持った学習参加、成就感のある学びの姿をめざす。
   A「関わり」なかよく助け合う子 (自他を認め合い、よりよく関わり合う姿をめざす。
   B「表現」 きちんと伝えられる子(場に応じた行動が習慣化し、考えを表現できる姿をめざす。
  (3)教職員・学校組織等の望ましいあり方
   @ 
〈学組織〉     児童の成長を引き出すべく、積極的な研修と充実した授業に心がける。
   A 
〈協働する組織〉 各部での責任と提案力を持ち、組織体として効果的な機能を発揮していく。
   B 〈開かれた組織〉 家庭・地域との信頼関係を土台とし、情報交換や共同・連携を図る。

4.短期経営目標(今年度の重点目標)
   〈学校の総体に関して〉
    *各部の提案力を活かし、組織的・効果的な学校運営を図る。
    *個々の目標管理を明確にし、めあてを持った教育実践につなげる。
   〈学習指導に関して〉
    *研究を核として、授業改善と公開・発信に心がける。
    *基盤としてのよりよい学級づくりに努め、ルールと規範意識のある児童を育む。
    *児童の課題と目標を的確にし、授業改善のもと、個が伸びる学習の工夫に努める。
   〈各領域に関して〉
    *児童理解をより深め、課題のある児童への効果的な特別支援体制を充実する。
    *国際理解教育の充実に努め、センター校としての指導と発信的役割を果たす。
   〈特色ある教育活動に関して〉
    *外部の教育力を幅広く取り入れ、地域・ふるさとに根ざした教育をめざす。
   〈家庭・地域との連携に関して〉
    *家庭との具体的連携から、児童のよりよい生活習慣、生活リズムの獲得に努める。
    *教育活動の公開と意見収集に努め、連携のもと信頼される学校づくりをめざす。